AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトに未経験で2週間で合格する方法【IT系資格】




AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト試験に未経験で2週間で合格しましたので、その概要や学習方法について、ご紹介できればと思います。

試験概要

試験概要と受験方法

試験を受けるには、まず、AWSの認定アカウントに登録する必要があります。以下のページから登録ができ、試験の詳細についても見ることができます。
https://aws.amazon.com/jp/certification/
受験に関しては、全国のPSI及びピアソンVUEのテストセンターに申し込んで受験することが可能です。
試験は通年行われています。
試験に関しては、AWSサービスの設計に関する問題が出題されます。
パソコンで受験する形式で、選択問題です。
問題数は、65問で、720点以上の点数(正答率7割)で合格です。
受験料は、1万5千円(税別)です。

勉強方法

AWSサービスの全体像を掴む

特に未経験の人に取っては、AWSのサービスの全体像を掴むことが必要です。試験では、実際の操作方法などは問われないので、未経験でも合格することは可能ですが、サービスの名称や、設計方法などは問われることになるので、AWSサービスの全体像を掴むことは必要になってきます。以下、AWSサービスの全体像を掴むのに使用したものをご紹介させていただきます。

黒本

試験対策のテキストとしては、黒本と呼ばれる、徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書が有名です。実際に私もこちらを購入して学習しました。数多くのサービスを掴んだり、模擬問題もついてるので、特に未経験の方は持っておいて損はないと思います。

Udemy

Udemyは動画での教育コンテンツ配信サービスですが、AWSのコンテンツも配信があります。
私は、以下のコンテンツを購入しました。こちらのコンテンツでは、AWSの全般的なサービスをハンズオンを通じて掴んでいくことができます。操作方法などは試験に出題はされませんが、ハンズオンを通すことで、サービスの全体像も掴むことができるかと思います。22時間完全コースとありますが、視聴が22時間分なので、1.5倍速などでみても、ハンズオンを合わせると、30時間程度はかかってしまうと思います。

・これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(初心者向け22時間完全コース)

問題演習

サービスの概要を掴んだら、あとは問題演習をひたすらこなすのが、試験合格への近道になると思います。
今回、2週間で合格というタイトルですが、勉強をはじめて1週間の時点で、1度受験したのですが、結果は700点で後1問というところで不合格でした。。全く触ったことがないと、全体像を掴むのに多少時間がかかってしまうので、問題演習が足りなかったかなと思いました。

その2週間後に受けた試験では、無事合格することができました。試験は1度落ちると2週間受けることができませんが、その間の学習に費やした時間は1週間分程度です。

黒本の模擬テスト

上記でご紹介した黒本には、模擬テストがついています。こちらを繰り返すことによって、知識がついていきます。
未経験だと最初は知識が点でしかないので、なかなか正解できませんが、繰り返すことによって、知識の点と点が繋がって、線になってくる感覚があります。
実際私の正解率は回数を重ねるごとに上がっていきました。
正答率49%(1回目)→正答率83%(2回目) と2回こなした時点で、1回目本試験を受験しました。
2回目の試験を受験する際には、100%近い正答率になっていました。
難易度は実際の本試験の中では、やや優しい部類に入ると思うので、しっかり抑えておき、落とさないようにしたい問題です。

Udemyの模擬テスト

上記で紹介した、下記の講座には、ハンズオンの動画講義の他、模擬テストが3回分付属しています。
・これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(初心者向け22時間完全コース)

それぞれの模擬試験を2週した時点で、本試験の1回目を受験しました。
模擬試験1 正答率35%(1回目)→正答率64%(2回目)
模擬試験2 正答率41%(1回目)→正答率75%(2回目)
模擬試験3 正答率52%(1回目)→正答率75%(2回目)

こちらの模擬試験の難易度は、実際の本試験の中では、中程度の部類だと思います。実際に1回目の受験では、ギリギリ不合格になってしまいましたが、より知識をつけて、正解率を上げていくことで、合格可能なレベルに持っていけるのではないかと思います。2回目の本試験を受ける前には、それぞれ、8割、9割は正解できるようになっていました。

Udemyの模擬テスト(高難度)

会社によっては、試験の合格奨励金が出たりするところもあると思いますが、受験料が高額なため、2回目を落ちるのは避けたかったため、2回目ように新たな模擬試験のコンテンツを購入しました。こちらは、高難度の模擬試験が4回分収録されているものになります。(標題は5回分となりますが、一つは、上記模擬試験3と同じ内容です。)

・AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(5回分325問)

やはり難易度は高く初回の受験では、正答率が30%だったりしましたが、回数を重ねることで、知識も積み重なっていきます。

AWS公式模擬試験

ネット上で受験できる、AWS公式の模擬試験も公開されています。
25問で2,000円です。
試験の雰囲気を掴むには良いと思いますが、難易度も優しく、解説などもないため、正直無理して受けなくても良いかなと思います。

受験される方は頑張ってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人が主役の時代のキャリアについて、業務改善/テクノロジー、個人のあり方などを発信していきます。ミッションはこの世から雑務を撲滅し、人が活き活き活躍できる社会を作る事/業務改善コンサル、ビジネスアナリスト←ITリサーチャー←古民家農園運営で独立←市役所職員←Sler/2拠点居住/オフグリッドカフェ開業予定/G検定/IoT検定/RPAのWinActor講師