通勤って当たり前にしてるけど、意外と消耗してる気がする

先日、仕事終わりに東京で用事があったので、五反田のカプセルホテルに宿泊し、翌日、そのまま出勤しました。

その時改めて思ったのが、なんかすごい楽だな〜という感じでした。

通勤って当たり前のようにしていますが、思っているより消耗しているかもと思いました。

現在の通勤状況

現在は、茨城県つくばみらい市の古民家に在住しており、週末を中心に、古民家のレンタルスペース、宿泊施設を運営しておりますが、平日は、東京に通勤してます。

通勤経路は、

みらい平〜秋葉原(つくばエクスプレス)

秋葉原〜田町(山手線or京浜東北線)

で、通勤としても長い部類に入るのかもしれません。

混雑状況

だいたい、みらい平駅7時24分発の電車にのっています。

つくばエクスプレスは、流山おおたかの森あたりで、めちゃくちゃ混んで来ます。。

通勤時の読書が最大の楽しみですが、座席前のいいポジションを取っておかないと、読書もままなりません。。

みらい平駅のとなりの守谷駅は始発電車が出ているので、そこで降りて、始発を待つという手もあるんですが、皆さん並んでるので、2本くらい電車を待たないと座れず、時間的に厳しいんですよね。

また、山手線、京浜東北線もめちゃくちゃ混んでまして、読書どころではありません。

帰りは、秋葉原からは1本くらい電車を見送ると座れるので、座って帰っていますが、最初の頃が普通に来てる電車にすぐに乗って帰ってましたが、座ると楽さがかなり違って、以降座るようにしています。

東京宿泊による2拠点居住

通勤時間も長いので、ちょくちょく東京に宿泊しています。

今回は、五反田のカプセルホテルに宿泊しました。℃さんというところです。

カプセルホテルって昔泊まったときあまりいいイメージでは無かったのですが、最近泊まってみたら、ドミトリーのゲストハウスとあまり変わらないですし、むしろ、タオルとか部屋着が用意されているところもあって、荷物減らせてとてもいいです。

東京宿泊する時は、よくbooking.com使ってますが、当日とか、前日に割引になるところも多く、ドミトリーのところであれば、1,500円とかで泊まれてしまいます。

booking.com

リモートワーク、働き方改革は進むか?

技術的なところで言えば、デスクトップ仮想化や、リモートデスクトップという技術があるので、インターネット環境があれば、社内システムにアクセスする環境を構築することは可能です。

web会議、ビデオ会議なんかもできるツールはたくさんあるので、リモートワークできる環境や職種はかなり広がっていると思いますが、まだまだ普及はしてないんじゃないかなぁと思います。

リモートワークを導入したほうが儲かるとか、社員の健康度がアップするとか、導入したほうが良い事が多くなれば普及するのではと思いますが、何かブレークスルーが必要なんですかね。

通勤の消耗

通勤ラッシュってやっぱりすごい負担な気がします。

それに皆イライラしてるし、精神的な消耗もしますよね。

いろんな損失も多い気がします。

そんなわけで泊まるだけじゃなくて、東京に2拠点したいと思ってるんですが、普通にアパート借りたりするのではなく、空き家活用したり、なんか面白いことできないかなぁと思っています。

また、古民家も何か有効活用していきたいです。

事業運営型古民家シェアハウスやりたい方いませんか??

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1982年茨城県生まれ 大卒後、東京でシステムエンジニア、市役所職員として働いたのち、茨城県にて空き家となっていた古民家を改修し、農家民宿、レンタルスペースとして運用を開始。畑での自給自足も行なう。 趣味は、ピアノ、読書、アニメ、スポーツなど