やる気とは何なんだろう 脱限界集落株式会社を読んで




しばらくは辻村深月さんの小説を良く読んでましたが、脱限界集落株式会社を読んでみました。

ドラマ化もされた限界集落株式会社の続編です。

今度は、再開発が計画された街で、コミュニティカフェを営み、再開発に反対する人達の奮闘を描いています。

この小説を読んでいて、少しやる気が出ている自分がいました。

苦境に立たされながらも、試行錯誤しながら、そして手をとりながら、活路を見いだしていく。そんな物語ですが、頑張ろうという気持ちにさせてくれますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人が主役の時代のキャリアについて、業務改善/テクノロジー、個人のあり方などを発信していきます。ミッションはこの世から雑務を撲滅し、人が活き活き活躍できる社会を作る事/業務改善コンサル、ビジネスアナリスト←ITリサーチャー←古民家農園運営で独立←市役所職員←Sler/2拠点居住/オフグリッドカフェ開業予定/G検定/IoT検定/RPAのWinActor講師