クラウド会計ソフトで消耗からの脱出を




個人事業をはじめたり、法人を立ち上げたりすると、経理や会計の業務というものが発生してしまいます。

普通の会社員をやっていると、経理担当者がいますが、個人事業や極小規模の法人であれば、経理担当の専門の人を雇うのは難しいかと思います。

私は最初、フリーの会計ソフトを使っていたのですが、今思うと、かなり無駄に消耗していたなぁと反省します。

Mac用フリー会計ソフトRingoKeiriTien

最初に使っていたのが、RingoKeiriTienというmac用のフリーの会計ソフトです。

基本的に、日々の仕訳入力をしておけば、決算書類も出力することができるので、まったくお金をかけずに会計業務を行なうことが可能です。

ただ、1件1件手入力する必要があるので、やはり時間はかかってしまいます。結構長い期間これで過ごしてしまったのですが、ずいぶん消耗してしまってたのではないかと若干後悔しています。

クラウド会計ソフト

それで現在使っているのが、クラウド会計ソフトのfreeeです。

小規模の法人で、月額1,980円と有料ですが、1,980円分の価値はあるなと感じています。

1,980円というと、コンビニのアルバイトだと、2、3時間かと思いますが、普通に月あたり2、3時間は短縮できるかと思います。

下記のような事が自動でできるようになります。

①クレジットカードや銀行の情報を登録していて、その取引を自動で取り込み

②領収書やレシートをスキャナ等で取り込んで、内容を読み取り

1件1件入力していたのに比べると、快適度合いがハンパないです。

なるべくクレジットカードを使って取引するとより楽になると思います。

無料で試すこともできるので、気になる方は試してみるとよいと思います。

その他のクラウド会計ソフト

freee以外で有名どころだと、MFや弥生会計があります。

よく言われてるのが、freeeは簿記の知識が無い方向けという事です。

比較しているサイトなども結構あるので、チェックしてみるとよいかもしれません。

1件1件手入力するのはほんとに消耗するので、是非、クラウド会計ソフトを使ってみる事をお勧めします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人が主役の時代のキャリアについて、業務改善/テクノロジー、個人のあり方などを発信していきます。ミッションはこの世から雑務を撲滅し、人が活き活き活躍できる社会を作る事/業務改善コンサル、ビジネスアナリスト←ITリサーチャー←古民家農園運営で独立←市役所職員←Sler/2拠点居住/オフグリッドカフェ開業予定/G検定/IoT検定/RPAのWinActor講師