個人向け花粉対策アプリの紹介

※紹介依頼の記事です。

花粉症の季節が来たみたいですね〜

個人的にはまだ花粉症は発症していないので、そんなに困ってはおりませんが、どんどん蓄積されて、発症することもあるとのことなので、気をつけないといけないかもしれません。

今回、花粉症の対策アプリを作る方から、クラウドファンディングを行なうため、紹介依頼を受けましたので、ご紹介させていただきます。

個人向け花粉対策アプリPollinosysを開発したい。

花粉症とは?

現在、日本人の約25%(*)が花粉症だといわれています。では、花粉症とはいったいどんな病気なのでしょうか。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/about.html

日本人の約25%とは驚きですね。対象のユーザー数は約3,000万人ってことですもんね。

主に以下の2つに分類されるようです。

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
主なアレルゲン
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。
症状
鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)

通年性アレルギー鼻炎

アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。
主なアレルゲン
ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。
症状
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。
http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/about.html

花粉症対策アプリとは?

花粉測定デバイスを用いて測定したデータとユーザーからの報告などをもって花粉ハザードマップを作るというものです。

つまりハザードマップを回避することで、花粉症の人も快適に過ごせるというものなのでしょう。

詳しくはクラウドファンディングページを参照下さい。

https://camp-fire.jp/projects/view/61983

編集後記

個人的に花粉症の辛さはわからないのですが、確かに周りをみてると大変そうですよね。しかも4人に1人とは驚きです。

花粉症の人によい地域みたいのがあるのだとしたら、それは売りになりそうですし、地域にとっても花粉症がひどくなったからもうここには行きたくないみたいになると困るので、地域として花粉ハザードマップを整備するというのも必要なのかなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1982年茨城県生まれ 大卒後、東京でシステムエンジニア、市役所職員として働いたのち、茨城県にて空き家となっていた古民家を改修し、農家民宿、レンタルスペースとして運用を開始。畑での自給自足も行なう。 趣味は、ピアノ、読書、アニメ、スポーツなど