AIに仕事を奪われないためのキャリアの作り方【あなたの仕事はこの先も続いていきますか?】




最近は、AIに仕事を奪われる、AIにとって代る仕事ランキングなどの記事やニュースを見る機会も多いのではないのかと思います。
そんな記事に踊らされて、漠然と不安になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

最近はAIが話題になっていますが、時代を遡れば、テクノロジーの進化によって、仕事が無くなったり、新しい仕事が生まれることは今までにもよくあることなんですよね。
自動車が発明されれば、馬車の人の仕事がなくなり、タクシー運転手というものが生まれます。

そのため、AIを必要以上に怖がる必要はなく、AIというものをしっかりと理解して、そしてAIをうまく活用できるようになるのが、AIに仕事を奪われないためのキャリアの作り方になります。本記事では、AIを理解するための書籍を中心にご紹介していきます。(本記事は定期的に更新していきます。)

AIの知識を得る

文系AI人材になる

AIの民主化という言葉がではじめています。今や、AIはデータサイエンティストや、エンジニアだけのものではなくなりつつあります。
この書籍では、文系という、AIの技術に触れない方がどのようにAIを活用し、いかにAIを使うか、ビジネス活用していくかを、事例をふまえながら解説している書籍となります。

人工知能は人間を超えるか

こちらは、人工知能界隈では有名な、東京大学の松尾教授の書籍です。松尾さんは、日本ディープラーニング協会の理事長もつとめられています。
研究者ならではの人工知能の歴史や、解説はとても参考になると思います。

資格を取得する

G検定

前述の日本ディープラーニング協会では、主にビジネス職を想定したG検定と、エンジニア職を想定した、E資格というものを用意しています。
合格者は、slackに案内され、定期的に交流の機会もありますので、情報を日々取得していきたい方にはおすすめの資格です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人が主役の時代のキャリアについて、業務改善/テクノロジー、個人のあり方などを発信していきます。ミッションはこの世から雑務を撲滅し、人が活き活き活躍できる社会を作る事/業務改善コンサル、ビジネスアナリスト←ITリサーチャー←古民家農園運営で独立←市役所職員←Sler/2拠点居住/オフグリッドカフェ開業予定/G検定/IoT検定/RPAのWinActor講師