やる気とは何なんだろう 脱限界集落株式会社を読んで

しばらくは辻村深月さんの小説を良く読んでましたが、脱限界集落株式会社を読んでみました。

ドラマ化もされた限界集落株式会社の続編です。

今度は、再開発が計画された街で、コミュニティカフェを営み、再開発に反対する人達の奮闘を描いています。

この小説を読んでいて、少しやる気が出ている自分がいました。

苦境に立たされながらも、試行錯誤しながら、そして手をとりながら、活路を見いだしていく。そんな物語ですが、頑張ろうという気持ちにさせてくれますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1982年茨城県生まれ 大卒後、東京でシステムエンジニア、市役所職員として働いたのち、茨城県にて空き家となっていた古民家を改修し、農家民宿、レンタルスペースとして運用を開始。畑での自給自足も行なう。 趣味は、ピアノ、読書、アニメ、スポーツなど